RSS

中車が米シカゴで地下鉄車両受注、過去最大の1470億円規模

2016年3月10日(木) 22時09分(タイ時間)
【中国】中国の鉄道車両最大手、中国中車(CRRC:1766/HK)の率いるコンソーシアム(企業連合)がこのほど、米シカゴ交通局から大口受注を獲得したもようだ。

 地下鉄車両846台、総額13億米ドル(約1470億円)を受注し、近く正式に契約を結ぶ予定。シカゴ交通局にとって、これまでにない規模の大量調達となるほか、中車にとっても地下鉄車両の受注契約として過去最大の規模だという。中国メディアが10日、消息筋情報として伝えた。

 同コンソーシアムを率いるのは、中車傘下の中国中車四方公司。このほか、グループ内の米国法人CSR sifang america、CSR Americaが参加している。車両の生産は、米国現地で行われる予定だ。なお、CSR Americaはこれ以前に、ボストン地下鉄向けに車両を納入した実績がある。

 中国中車は15年の再編で誕生した鉄道車両製造の巨大企業。機関車、客車、貨車など各種鉄道車両の製造を手がける。前身の「中国南車」が「中国北車(旧6199/HK)」を吸収合併した後、15年6月に社名変更。合併に際しては、株式交換(北車株1:南車株1.1)を実施した。北車は同5月20日引け後に上場を廃止している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報