RSS

中国:174億円相当のニセ医薬品密造、黒竜江で3人逮捕

2016年3月14日(月) 00時36分(タイ時間)
【中国】国家食品薬品監督管理総局は9日、10億人民元(約174億円)相当のニセ医薬品を密造した3人グループが黒竜江省ハルビン市の警察などによって逮捕されたと発表した。

 これらのニセ医薬品は、転売業者に販売され、転売業者が「製薬会社の代理店」をかたり、病院や薬局に販売していた。澎湃新聞網が伝えた。

 3人は2012年以降、血栓治療薬のプラビックス、高脂血症治療薬のリピトール、リンパ腫の治療に使われるマブセラなど著名な輸入薬を含め、内外の製薬会社十数社の製品10種類をハルビン市内で密造。北京市内の2カ所に隠し、全国で密売していた。利益は900万人民元に上ったという。裁判所は15年10月、ニセ商品を販売した罪で主犯格の男に無期懲役と罰金800万人民元、他2人に懲役15年と罰金400万人民元を言い渡した。

 黒竜江省の食品薬品検査局によると、3人が密造したニセ医薬品は、包装、商標、医薬品管理用のバーコードなど、外観は本物とほぼ同じ。使用説明書も最新のものが同封されていた。浙江省や河南省のメーカーから錠剤の包装材や機械を購入し、ハルビンで密造したニセ医薬品を北京市内で「製品」に仕上げていたとされる。

 調べに対して3人は、価格が高く、需要もあったので、主に心臓脳血管疾患やがん治療薬のニセ物を密造したと供述している。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報