RSS

中国吉林省通化の鉄鋼会社で千人デモ、未払い賃金求め

2016年3月16日(水) 10時40分(タイ時間)
【中国】吉林省通化市に拠点を置く同省最大の鉄鋼会社、通化鋼鉄集団の従業員約1000人が14日午前、欠配中の賃金の支払いなどを求めてデモ行進を行った。

 デモ参加者は本社の正門前に集まり、会社への要求を叫んだ。門扉を倒してビル内への侵入を図り、一時は警官隊ともみ合いになったという。博迅新聞網が伝えた。

 従業員によると、賃金の欠配が始まってすでに4カ月が経過。同社は傘下に多数の工場を抱えるが、大半が操業を停止しているという。

 通化鋼鉄集団は2005年、民営コングロマリットの北京建龍重工集団などから出資を受け入れ、株式会社への組織改編を行った。ただ2009年には、北京建龍重工集団が持ち株を売却するなどし、再び会社の再編が行われている。この際、反対する従業員が大規模な抗議デモを行い、北京建龍重工集団が派遣していた幹部1人がデモ隊に殴られて死亡する事件が発生している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報