RSS

トーエネック、ミャンマーで変電所・送電線工事

2016年3月17日(木) 00時27分(タイ時間)
【ミャンマー】トーエネックは15日、ミャンマー電力省傘下のミャンマー・エレクトリック・パワーから、変電所と架空送電線の新設工事を受注したと発表した。円借款事業で、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区周辺に建設する。

 ティラワ経済特区は日本とミャンマーの官民が開発中。電力インフラについては、すでに20メガワットの電力が供給されているほか、隣接地でガスタービン火力発電所(出力50メガワット)が建設中。トーエネックの工事で168メガワットの電力が供給される予定で、全ての計画を合わせると、ティラワ経済特別区に約240メガワットの電力が供給される。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】三菱商事は11日、ベトナム電力公社が同国南部ビントゥアン省ビンタン地区で計画している超臨界圧石炭火力発電所(出力60万キロワット)の建設工事を三菱商事、韓国の斗山重工業、ベトナムの現地...

【ミャンマー】明電舎は24日、タイ子会社のタイ明電舎がミャンマー最大の都市ヤンゴンに支店を開設したと発表した。現地パートナーの発掘と連携強化、日系企業やタイ企業のミャンマー工場の建設受注を目指す。

タイの太陽光発電会社、鳥取でメガソーラーnewsclip

【タイ】タイの太陽光発電事業会社SPCGは9日、京セラ、東京センチュリーリースと共同出資で、鳥取県の大山近くに出力30メガワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設すると発表した。2017年...

【タイ】タイの家具メーカー、イーストコースト・ファニテック(ECF)は4日、兵庫県姫路市に設立した合弁会社ECFトルネード・エナジー合同会社を通じて同市に開発した太陽光発電所が商業運転を開始したと...



新着PR情報