RSS

中国漁船がアルゼンチン沖で撃沈、徹底調査を指示=中国外交部

2016年3月17日(木) 13時30分(タイ時間)
【中国】自国籍の漁船がアルゼンチン沖で撃沈されたことに対し、中国外交部はアルゼンチン側に徹底的な調査を実施するよう要求した。

 詳細な情報を伝えるよう、求めている。中国船員の合法的な権利、利益を擁護するよう申し入れた。2度と再発することないよう伝達したという。

 中国の漁船「魯煙遠漁010号」は北京時間の14日午前9時ごろ、ブエノスアイレス南部のプエルトマドリン沖合いで違法に操業。数時間にわたって追いかけられた後、アルゼンチン沿岸警備隊の巡視船に「体当たり」してきたとされる。再三にわたって警告を無視したため、巡視船側の発砲によって水没、撃沈された。

 この過程で死者、負傷者は発生していない。船員4人は巡視船に救助された。残りの船員28人については、同じく付近で操業していた中国漁船に助け出されたという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報