RSS

中国コンテナに有毒ガス成分、ドイツ作業者60人あまりが中毒症状

2016年3月17日(木) 23時17分(タイ時間)
【中国】中国から輸送されてきたコンテナに揮発性の有毒物質が充填されていたとして、このほどドイツ当局は物品を本国に差し戻す判断を下した。

 靴製品の荷卸し作業を行っていたところ、コンテナ内に立ち入った作業者60人あまりが一斉に体調不良を訴えたという。ただ、靴製品の品質問題ではない。環球時報などが17日までに伝えた。

 現場は、ミュンヘンから約18キロ離れたポイング。14日午前、ミュンヘンで衣料事業を手がける「シュスターマン&ボーレンシュタイン」の作業者が相次ぎ、めまいや吐き気などの症状を催した。うち重症の9人は搬送先の病院で入院治療。残り50人あまりは、経過観察の措置がとられた。

 専門家が内部の空気を分析したところ、農薬成分が検出されている。当初は独ガス成分が検出されたとしていた。アジアから運び込まれるコンテナには、殺虫剤で消毒される例があるという。
《newsclip》

注目ニュース

タイ大手銀行本店で8人窒息死、消火ガス噴出かnewsclip

【タイ】13日夜、バンコク都ジャトゥジャク区ラチャダピセーク通りの、サイアム・コマーシャル銀行(SCB)本店があるオフィスビル、SCBパークプラザの地下2階で、消火システムを改良する作業中に消火用...

【中国】河北省公安庁(警察)は4日、化学品廃液3400トンを不法投棄した疑いで、同省石家荘、廊坊などの各市で活動していた2つの犯罪グループを摘発したと発表した。

タイ東部の工場で従業員16人搬送 ガス流出かnewsclip

【タイ】3日午前10時ごろ、タイ東部ラヨン市の冷凍食品工場で、従業員がめまい、おう吐、目の痛みなどの症状を訴え、このうち16人が病院に搬送された。



新着PR情報