RSS

高架鉄道バンコク空港線で故障、乗客が線路に

2016年3月21日(月) 11時04分(タイ時間)
エアポートリンクの画像
エアポートリンク
【タイ】21日午前8時ごろ、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートリンクで電気系統の故障が起き、運行が一時停止した。

 満員の車内に立ちっぱなしで体調を崩す人が続出し、フアマーク駅近くで停車した車両では、職員がドアを開けて、乗客を線路に下ろし、駅まで誘導した。

 その後も運行の遅れが続いたが、エアポートリンクの公式ツイッターによると、午前10時15分ごろ、通常運行に復旧した。

 エアポートリンクでは18日にも電気系統の故障が起き、運行が15―30分遅れた。


〈エアポートリンク〉
2010年8月に正式開業。全長28キロ、全8駅で、スワンナプーム空港とバンコク都内を15―30分で結ぶ。運営はタイ国鉄(SRT)子会社のSRTエレクトリファイドトレイン。開業から1年も経たない2011年3月、都内と空港をノンストップで結ぶ特急の運行が部品不足で5日間停止したほか、2012年5月にも、部品不足で一部車両が使用出来なくなった。2014年4月には、前年の5月に公募で社長に就任したピーラカン社長が経歴詐称で解任された。同年8月、車両のオーバーホールや新規導入、部品の手配、線路の保守整備などに問題があることが発覚。整備のため、運行できる車両の数が減り、運行本数が減少した。
《newsclip》

注目ニュース

鉄道バンコク空港線、15年の乗客数1931万人newsclip

【タイ】バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートレイルリンクは2015年の乗客数が延べ1930万8361人だった。

【タイ】タイ警察は2日、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ鉄道エアポートリンクの車内でスリを働いた容疑で中国人の男3人を逮捕し、円、ドルなど18万バーツ相当の現金、クレジットカード、スマ...

特集



新着PR情報