RSS

豪首相が中国批判、南シナ海の軍事施設建設で

2016年3月25日(金) 13時05分(タイ時間)
【中国】オーストラリアのターンブル首相は23日、中国が南シナ海で軍事施設を建設したり、兵器を配備したりしていることについて、「望んでいることとは反対の結果につながる」と述べて批判した。

 最大の貿易相手国である中国に対し、オーストラリアの首相が強気の発言を行うのは「異例」と指摘されている。海外メディアが伝えた。

 オーストラリアはこれまで、南シナ海の航行の自由を主張する米国を一貫して支持。米国は先ごろ、中国が西沙諸島(パラセル諸島)の永興島(ウッディー島)に対空ミサイルを配置したことを批判した。ターンブル首相の今回の発言は、米国の批判に追随するものとみられている。

 ただ、ターンブル首相は同日、「オーストラリアは南シナ海で何も求めておらず、国際法上の争いでも特定の立場に立っていない」ことを強調した。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報