RSS

マレーシア当局、テロ計画容疑で15人逮捕 IS支持者か

2016年3月25日(金) 15時18分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアの国営ベルナマ通信などによると、マレーシア警察は24日、過激派組織「イスラム国」(IS)との関連が疑われるマレーシア人の男女15人をマレーシア国内でテロを計画した疑いで逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは22―49歳の男11人、女4人で、警官、航空整備士、公務員、学生、主婦など。爆弾の原料となる化学品の入手を図ったほか、シリアのISに参加したマレーシア人のために資金集めをした。また、東南アジアの他の過激派組織と関係を築き、外国人の過激派兵士2人をマレーシア経由で東南アジアの別の国に送り込もうとした。容疑者グループはシリアのISに加わったとみられるマレーシア人の男から指示を受けていたもよう。
《newsclip》

注目ニュース

タイ深南部テロ、過去12年で死者6500人newsclip

【タイ】タイ国立プリンス・オブ・ソンクラー大学南部情勢監視センター(ディープサウス・ウォッチ)によると、2004―2015年にタイ深南部4県で発生したテロは1万5374件で、6543人が死亡、1万1...

【タイ】日本の外務省は4日、タイの現地報道によると、IS(イスラム国)の関係者が10月下旬にタイに入国し、バンコク、リゾート地のパタヤ、プーケットなどタイ国内でテロを計画している可能性があり、タイ...

バンコクの連続爆弾テロ、外国人男2人を起訴newsclip

【タイ】8月17、18日にバンコクの2カ所で爆弾が爆発し、約150人が死傷した連続爆弾テロ事件で、タイ軍検察は24日、外国人男のマイライリー・ユスフ容疑者(26)とビラール・ムハンマド容疑者(24...



新着PR情報