RSS

サクサクだけでは評価できない揚げ春巻き 食べやすさは皮のこぼれにくさ

2016年3月27日(日) 23時44分(タイ時間)
サクサクだけでは評価できない揚げ春巻き 食べやすさは皮のこぼれにくさの画像
サクサクだけでは評価できない揚げ春巻き 食べやすさは皮のこぼれにくさ
日本人に人気のタイ料理@パタヤ

 春巻きといえばタイでも、ベトナム料理の生春巻きが人気で、今や普通のタイ料理の店でも見かけるようになってきたが、全体的にはまだまだ揚げ春巻きが主流ではないだろうか。屋台で売られる揚げ春巻きも、日本人好みのサクサクなものがあり、野菜をたっぷりつけてくれて、しかも安い。

 レストランで注文すると、さすがにそれなりの値段となるが、広く食べられている料理のためか、美味しくないと思わせる店はいたって少ない。

 日本人が揚げ春巻きを食べるときに気にするのは、使う油であったり、具であったりするだろうが、やっぱりサクサクした食感だろう。しかしサクサクし過ぎると、皮がパラパラこぼれて、口の周りにもくっついてしまい、食べにくくなる。しっかりした店になると、皮は多少固めでこぼれにくい。一口サイズに切ってくれれば、いたって食べやすい。そのような気遣いが感じられる店で食べてみたい。 

The Sugar Hut Resort & Restaurant

住 パタヤとジョムティエンの中間地点、タッププラヤー通り沿い。
時 8時―22時
休 無休
電 038-364-486
価 写真料理:240B
《newsclip》

特集



新着PR情報