RSS

ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurant

2016年3月31日(木) 00時17分(タイ時間)
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurantの画像
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurant
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurantの画像
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurant
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurantの画像
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurant
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurantの画像
ビーチではなく緑のリゾート、週末のパタヤで満喫する自然 Sugar Hut Resort and Restaurant
地元の日本人にも人気のレストラン

 東部チョンブリ県のビーチリゾート、パタヤとジョムティエンそれぞれのビーチの中間地点にあるのが「シュガーハット」。両ビーチをつなぐタップパヤー通りに面していて、同通りも幹線道路のスクムビット通りに直結しているので、パタヤ市内の渋滞に巻き込まれることなく、たどり着ける。バンコクの首都高速出口からシュガーハットまで2時間かからないアクセスの良さだ。

 シュガーハットの特徴は何といっても「緑」。背の高い木々に囲まれ、まるで森の中にいるような感じだ。ビーチリゾートにありながらビーチではないリゾートが楽しめる。タイにしばらく住めば誰でも、パタヤはビーチだけでないことに気が付くはずだ。宿泊客は欧米人ほか、週末をパタヤで過ごすタイ人が多い。

 部屋はビラ形式で、ベッドルームとリビングルームは別々の建物。それぞれの部屋は決して広くないが、目的によって行き来するので、不便さは感じない。テレビやソファはもちろんリビングルームの方。ベッドに寝ながらテレビを、というわけにはいかないが、日常生活から離れてリゾートを楽しむのに、寝るときにテレビを観る必要はない、ということだ。

 ベッドルームには蚊帳が吊るされていて、安宿と間違われそうだが、木材を多用したぜいたくな造り。クーラーあり、非常照明あり、消火器ありなど、設備はその辺りのビジネスホテルよりしっかりしている。
 バスルームはシャワーのみ。タイの居住空間をコンセプトにして造られたリゾートなので、バスタブはなくて当然だ。その代わり、タイの地方ならまだ使われているであろう、水ガメが置かれているなど、雰囲気はとても良い。また、シャワースペースはとても広くて使いやすいの一言だ。

 シュガーハットの楽しみは、やはり朝。敷地内に暮らすさまざまな鳥が早起きして、プールサードに出てくる。人気者はクジャクで、毎朝というほど羽を開くという。朝食をとっている宿泊客も思わずカメラを向けている。

 宿泊施設と同様に人気なのがレストラン。しっかりしたタイ料理が味わえる。夕食時は外部からも客が訪れ、タイ東部で働く日本人の姿も見かける。辛さも好みで調整してくれ、とても食べやすい。「パタヤに来たのならぜひ寄っていこう」という在タイ日本人も少なくない。

 バンコクを昼ぐらいにゆっくり出て、午後遅めにチェックイン、夕食も朝食も外に出ず、翌日は昼前にチェックアウト。そんなのんびりした滞在ができるのがシュガーハットだ。

Sugar Hut Resort and Restaurant
住所: 391/18 Moo 10 Tabphya Rd., Pattaya City, Chonburi 20260
電話:038-364-186, 038-251-686 ファクス:038-251-689
Eメール:sugarhut@sugar-hut.com
《newsclip》


新着PR情報