RSS

中国:広州で無許可の宅配弁当店を摘発、サイトでは人気店

2016年3月31日(木) 10時59分(タイ時間)
【中国】広東省広州市の食品薬品監督管理局はこのほど、同市郊外の増城区で営業許可証を取得せずに営業していた宅配弁当店約30店を摘発した。いずれも宅配情報の大手サイト「美団外売」で人気を集めていた店だった。

 地元紙の南方都市報によると、摘発された店はすべて、増城区の広東財経大学・華商学院の裏側に位置していた。いずれも民家内で調理し、配達が行われていたという。これら民家の周囲には食材がむき出しで置かれ、調理場の中は汚水が垂れ流しになるなど、衛生状態は最悪。調理台脇の排水口からは、悪臭が漂っていたという。

 いずれの店舗も店内では食事を提供せず、「美団外売」などインターネットを通じた出前専門だった。「美団外売」は南方都市報に対し、無許可業者の情報はすべて削除したと話している。

 これらの店舗は、広東財経大学・華商学院の学生らがよく利用していた。同学院事務室の呂書勉・副主任は、「当校は学生が3万人余りいる。市街地から遠いため、学生は学内で食事するしかない」と話している。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報