RSS

田辺三菱製薬、シンガポールで新製品開発

2016年4月4日(月) 22時29分(タイ時間)
【シンガポール】田辺三菱製薬(大阪市)は4日、今年1月に設立したシンガポール子会社MTファーマ・シンガポールが新製品開発(臨床開発、新製品導入)などの業務を開始したと発表した。

 田辺三菱製薬は医薬品市場が大きく成長している東南アジア諸国連合(ASEAN)を重要市場と位置づけ、自社製品と他社からの導入品を販売している。新会社を拠点に、ASEANでの事業拡大を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール、マレーシア】アステラス製薬(東京都中央区)は1日、シンガポールに東南アジア・南アジア地域の統括組織を、マレーシアに販売会社を設立し、事業を開始したと発表した。

【中国】北京の全産業39業種のうち、2013年に利益率と利益増加率(対前年)の最も高かった業種は製薬業――との結果がこのほど同市政府への取材などで明らかになった。

【シンガポール】参天製薬(大阪市)は12日、アジアで頻発する眼科疾患の治療薬の開発に向け、シンガポールの国立研究機関であるシンガポール眼科研究所(SERI)と共同研究を行うと発表した。

特集



新着PR情報