RSS

16年の成長率見通し3・1%、タイ中銀が下方修正

2016年4月7日(木) 01時15分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行は5日、2016年のタイの国内総生産(GDP)見通しを昨年12月時点の3・5%増から3・1%増に下方修正したと発表した。

 2016年のインフレ率見通しは12月時点の0・8%を0・6%に修正した。

 政府支出と外国人観光客が増加する一方、構造的な問題から輸出が伸び悩み、景気回復が遅れていると分析した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告で、2月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月比1・6%低下した。

バンコクモーターショーの受注12%減、3・3万台 ホンダが1位newsclip

【タイ】3月23日―4月3日にバンコク北郊のイベント施設インパクト・ムアントンタニで開催されたタイ最大規模のモーターショー「第37回バンコク・インターナショナル・モーターショー2016」の受注台数は...

【タイ】国際通貨基金(IMF)は28日に発表したリポートで、タイの今年の国内総生産(GDP)伸び率を3%と予想した。

【タイ】2月のタイ国内の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比10.7%減の5万7093台だった。内訳は乗用車が29.9%減、1万7826台、商用車が1.9%増、3万9267台。

【タイ】タイ観光スポーツ省によると、2月にタイに入国した外国人は前年同月比16%増の308・9万人で、1月に続き300万人を超えた。

特集



新着PR情報