RSS

業務スーパー、シンガポールに海外1号店

2016年4月7日(木) 19時50分(タイ時間)
【シンガポール】神戸物産(兵庫県加古郡)が展開する業務用スーパー「業務スーパー」の海外1号店が1日、シンガポールで開業した。

 業務スーパー加盟オーナーのG―7スーパーマート(神戸市須磨区)が現地に設立した合弁会社BB&G―7リテールが運営する。シンガポール西部ジュロンイースト地区の同国最大級のウエアハウスストア(大型の倉庫などを利用し、商品をセルフサービスにより低価格、短時間で購入できるようにした小売り業態)「ビッグボックス」に入居し、店舗面積は324平方メートル。冷凍うどんやラーメン、菓子などを低価格で提供する。

 「業務スーパー」は2000年に1号店を出店。国内店舗数は3月末時点で720店以上。今後、シンガポールでの他店舗展開やその他の国への出店も積極的に進める方針だ。
《newsclip》

注目ニュース

仏カジノ傘下のタイ小売り大手ビッグC、TCCが31億ユーロで買収newsclip

【タイ】仏小売り大手カジノは7日、傘下のタイ小売り大手ビッグCスーパーセンターの株式58・6%をタイの大手財閥TCCに約31億ユーロ(約1221・6億バーツ)で売却すると発表した。

【ベトナム、タイ】独小売り大手メトロは7日、ベトナムで会員制卸売店チェーンを展開するメトロ・キャッシュ&キャリー・ベトナムをタイの大手財閥TCCに6億5500万ユーロで売却したと発表した。

【中国】タイ食品最大手チャロン・ポカパン・ フーズ(CPF)傘下の小型食品店「CPフレッシュマート」(中国名:正大優鮮)が今後、北京市で店舗出店を急速に加速させる方針だ。

北部でスーパー展開、タナピリヤがタイ2部上場newsclip

【タイ】タイ北部チェンライ県でスーパーマーケットを展開するタナピリヤが18日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

特集



新着PR情報