RSS

チキンではなくポーク 食パンを添えるタイ風サテ

2016年4月8日(金) 14時54分(タイ時間)
チキンではなくポーク 食パンを添えるタイ風サテの画像
チキンではなくポーク 食パンを添えるタイ風サテ
 サテと聞いて思い浮かべるのはインドネシア料理だろう。サテパダンのようなちょっと変わった味付けもあるが、サテといえばやはり、チキン&ピーナッツソースだろう。

 タイにもサテがあるが、チキンではなくポークがほとんど。ソースも一応はピーナッツが入っているが、ピーナッツらしい風味はあまりなく、こってりとしている。これとは別に、トウガラシを入れた酢のソースも出てくる。

 インドネシアではよく、ロントンというコメを練った添えものを注文するが、タイでは最初から食パンが出てくることが多い。ちなみにタイ南部ではチキンのサテが主流だ。

 ポークのサテも、タイらしくて美味しい。たいていはアペタイザーとして注文。脂身が少ないので、メインディッシュの前から食が進んでも、ちょっとは安心だ。ただ脂身が少ない分だけ、固くならない温かいうちに食べたい。

The Sugar Hut Resort & Restaurant
住:パタヤとジョムティエンの中間地点、タッププラヤー通り沿い。
時:8時~22時
休:無休
電:038-364-486
価:写真料理180B
《newsclip》


新着PR情報