RSS

中国企業の1~3月海外買収は総額922億ドル、世界M&Aシェア3割

2016年4月10日(日) 19時01分(タイ時間)
【中国】中国の企業が海外で買収を活発化させている。中国企業による海外買収の規模は、今年第1四半期だけで世界最大の922億米ドル(約10兆300億円)に膨らんだ。グローバルM&Aの世界シェアは30%に拡大したという。国際調査会社のディール・ロジックがこのほど報告した。

 国営企業によるグローバル企業の買収が伝えられている。国有化学メーカーの中国化工集団は2月3日、農薬生産で世界最大手のスイス・シンジェンタ(SYT/NYSE)を買収すると発表した。買収価格は1株当たり465米ドルで、総額で430億米ドル(約4兆6800億円)を超える。中国企業による海外買収案件で過去最大の規模となった。

 中国に続く2位のカナダは624億米ドル(世界M&Aシェア20%)。3位の米国は485億米ドル(世界M&Aシェア16%)に上った。

 2010年以来、中国の海外買収額は6年連続で増加している。中国の海外M&A規模は、2015年通年で1069億米ドル。今年は3カ月だけで、昨年1年の総額に近づいた。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報