RSS

テンプ、アジア太平洋事業を米ケリーと合弁化

2016年4月10日(日) 19時06分(タイ時間)
【アジア】テンプホールディングス(東京都渋谷区)は8日、アジア太平洋地域の人材事業を米人材派遣大手ケリーサービスとの合弁に切り替えると発表した。

 テンプは2012年から、北アジア事業をケリーとの合弁に切り替え、組織・営業拠点の融合を進めている。今回、東南アジア、インド、オーストラリア、ニュージーランドの事業についても合弁化することを決めた。

 ケリーのシンガポール子会社ケリーサービス(シンガポール)の株式51%を3600万ドルと現物出資など計1億1900万ドルで取得。テンプ、ケリー両社のアジア太平洋事業を同社傘下に収める。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】テンプホールディングス(東京都渋谷区)は25日、シンガポールの人材サービス会社キャピタの全株式を約6200万ドルで取得すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)で日系企業以外...



新着PR情報