RSS

住商・上組、ミャンマー・ティラワ経済特区の物流倉庫稼働

2016年4月17日(日) 20時29分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、上組
 の画像
 
写真提供、上組
【ミャンマー】上組(神戸市中央区)は13日、ミャンマーの合弁会社ティラワ・グローバル・ロジスティクスがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流倉庫が完成し、3月21日に竣工記念式典を行ったと発表した。

 新倉庫はティラワ経済特区の先行開発エリア、ゾーンAに立地し、敷地面積4万7593平方メートル、延床面積5000平方メートル。

 ティラワ・グローバル・ロジスティクスは資本金10億円で、住友商事が72%、上組が28%出資。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】上組(神戸市中央区)は17日、商社機能を持つ全額出資子会社「カミグミ・グローバル・ソルーションズ・マレーシア」(資本金66万ドル)をマレーシアに設立したと発表した。

【ミャンマー】住友商事は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の先行開発エリア、ゾーンAに総合物流事業会社を設立すると発表した。ティラワ経済特区ゾーンAに物流事業会社が進出するのは初めて。

【タイ、ミャンマー】上組(神戸市中央区)は27日、これまで海上輸送に頼っていたタイ・ミャンマー間の容大貨物輸送を陸上輸送に変更し、リードタイムの大幅な短縮と輸送コストの削減を実現したと発表した。

特集



新着PR情報