RSS

西鉄と阪急不動産、ホーチミン市でマンション・戸建て住宅開発

2016年4月18日(月) 13時07分(タイ時間)
「フローラ・アンダオ」の画像
「フローラ・アンダオ」
写真提供、西日本鉄道
「フジレジデンス」完成予想図の画像
「フジレジデンス」完成予想図
写真提供、西日本鉄道
【ベトナム】西日本鉄道(福岡市)と阪急不動産(大阪市)はベトナムの大手住宅ディベロッパー、ナムロン・インベストメントと共同で、ホーチミン市で分譲マンションと分譲戸建て住宅を開発する。

 プロジェクトの名称は「フジレジデンス」。ベトナム国内のアッパーミドル層が主なターゲットで、ホーチミン市中心街から約12キロの、大学が集積し、工業団地が立地する地区に建設する。敷地面積約5・4ヘクタール、総戸数は分譲マンション789戸、戸建て住宅84戸を予定。マンションは18階建て、2棟で、平均専有面積60・7平方メートル、平均販売価格約600万円。戸建て住宅は平均敷地面積187・4平方メートル、平均延床面積127平方メートル、平均販売価格約3200万円。2016年11月―2017年12月完工の予定。総事業費は約65億円。

 3社が共同で分譲住宅事業に取り組むのは2件目。1件目の分譲マンション「フローラ・アンダオ」(500戸)は「フジレジデンス」から約1・5キロの場所に建設中で、今年7月竣工の予定。昨年4月に販売を開始し、現在まで約7割を販売した。
《newsclip》

注目ニュース

マンション開発のチーワタイ、タイ2部上場newsclip

【タイ】マンション開発、工場賃貸を手がけるチーワタイが5日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。

パナホーム マレーシアで戸建て、マンション販売newsclip

【マレーシア】パナホーム(大阪府豊中市)はマレーシアの大手不動産ディベロッパー、MKHと共同でクアラルンプール郊外のセランゴール州に開発した戸建て住宅490戸とマンション1棟を4月中旬に発売する。

【タイ】三菱地所レジデンスは29日、分譲マンションの開発販売を手がける新会社をバンコクに設立したと発表した。年間3―5物件、総売り上げ200億バーツ(約640億円)規模を目指す。

タイ中合弁のCTCC、バンコクでマンション開発newsclip

【タイ】中国の建設会社、中国天辰工程(TCC)と、タイの化学品メーカーのマハチャイ・ケミカルがタイに設立した合弁会社、CTCCエンジニアリングは、バンコクのオンヌットでコンドミニアム(分譲マンショ...

【タイ】不動産コンサルタントのネクサス・プロパティー・マーケティングは、今年にバンコクで新規供給されるコンドミニアム(分譲マンション)が、5万戸にとどまり、昨年の5・4万戸から減少すると予測している。

プーケット島で富裕層向けリゾート開発 ホテル、マンションなどnewsclip

【タイ】タイの不動産ディベロッパー、プラウド・リアルエステートはタイ南部プーケット島のカマラビーチで富裕層向けリゾートを開発する。



新着PR情報