RSS

熊本地震で現地足止め タイ政府、タイ人127人と外国人68人救出

2016年4月18日(月) 18時26分(タイ時間)
【タイ】タイ外務省は18日、熊本県を中心に14日から続く地震で現地に取り残されたタイ人127人を17日に救出したと発表した。

 バスを手配し、湯布院で24人、別府で87人、熊本市で16人を乗せ、福岡市などに送り届けた。現地で足止めされていた外国人68人も同乗させた。

 今後の帰国便についてはタイ国際航空が協力する。

 タイは13―17日がタイ正月(水かけ祭り、ソンクラン)の連休で、日本を訪れる旅行者が多かった。旅行予約サイトの楽天トラベルがまとめた春の訪日外国人の旅行動向によると、13―15日のタイからの日本での宿泊予約数(3月10日時点)は前年同期比26・1%増加。この調査では、湯布院・湯平、別府といった九州の温泉地人気の高まりを指摘していた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ気象局によると、22日午後8時42分ごろ、タイ北部チェンライ県メースウェイ郡を震源とするマグニチュード(M)3・3の地震があった。震源の深さは5キロ。

【タイ】タイ気象局によると、20日午後10時4分ごろ、タイ南部スラタニ県ターチャーン郡を震源とするマグニチュード(M)3・3の地震があった。震源の深さは5キロ。

【タイ】タイ気象局によると、6日午前4時28分ごろ、ミャンマー国境のタイ北部メーホンソン県メーサリアン郡を震源とするマグニチュード(M)3・5の地震があった。震源の深さは4キロ。

特集



新着PR情報