RSS

タイ軍政、個人所得税の控除額引き上げ

2016年4月20日(水) 16時46分(タイ時間)
【タイ】タイ政府は19日の閣議で、個人所得税の控除額の引き上げと税率の一部変更を承認した。2017年の収入から適用する。

 基礎控除は現行の年間所得の40%、上限6万バーツを、50%、上限10万バーツに、本人控除は3万バーツを6万バーツに引き上げる。子どもがいる場合の控除は子ども1人につき1・5万バーツで3人までだが、1人3万バーツで子どもの数は無制限に変更する。

 個人所得税率の税率は税率30%を年間所得200万1―400万バーツから200万1―500万バーツに、税率35%を400万1バーツ以上から500万1バーツに変更する。

 その他の個人所得税率は▼15万バーツまで:免除▼15万1―30万バーツ:5%▼30万1―50万バーツ:10%▼50万1―75万バーツ:15%▼75万1―100万バーツ:20%▼100万1―200万バーツ:25%――で据え置く。
 
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権は2日、法人税、個人所得税、付加価値税(VAT)の税率を現行の水準で据え置くことを決めた。

【タイ】タイ政府は30日の閣議で、個人所得税率の引き下げ法案の修正案を承認し、国会提出を決めた。新しい税率は現行の5段階から7段階になり、当初の予定通り、2013年から適用する。

特集



新着PR情報