RSS

中国:「一人っ子」失った親2000人、老後保障求め北京で陳情デモ

2016年4月21日(木) 12時17分(タイ時間)
【中国】一人っ子を病気などで失った「失独者」約2000人が18~19の両日、北京市の国家衛生計画生育委員会の庁舎前で、生活保障制度の確立を求めて陳情デモを行った。

 デモの参加者は各地方政府に対し、「失独者」に対応する専門窓口を設置することも要求している。米系メディアが伝えた。

 中国共産党は昨年10月の中央委員会第5回全体会議(5中全会)で、長年続いた「一人っ子政策」の全面廃止を決めた。デモに参加した「失独者」は、「一人っ子政策」が原因で、老後の生活を維持できなくなったと主張している。

 中国では、子どもが親の老後を世話するという伝統的な考え方が根強いうえ、社会保障制度の整備も不十分なため、「失独者」の多くが生活不安を抱えている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報