RSS

ホンダ、タイ工場に新発想の量産完成車組み立てライン導入

2016年4月21日(木) 12時18分(タイ時間)
ホンダ、タイ工場に新発想の量産完成車組み立てライン導入の画像
ホンダ、タイ工場に新発想の量産完成車組み立てライン導入
写真提供、ホンダ
アークユニット連結時 作業イメージの画像
アークユニット連結時 作業イメージ
写真提供、ホンダ
【タイ】ホンダは21日、四輪完成車の量産では世界となる、完成車組み立てのメインラインに流動型のセル生産方式を組み込んだ「アークライン」を開発し、タイのプラチンブリ工場に導入したと発表した。

 アークラインは、これまで四輪車の生産現場で広く採用されてきた、コンベア上を流動する車体に組み立て作業者が単一工程で部品を組み付けていく「ライン生産方式」ではなく、作業者が広い範囲の工程を受け持ち、複数部品の組み付けを行う「セル生産方式」の生産ユニットをメインラインに組み込んで流動させた、世界初となる革新的でユニークな組み立てライン。1台の車体と1台分の部品を積載した搬送ユニット「アークユニット」に4人の組立作業者が乗り込み、車体と一緒に移動しながら組み付け作業を行うことで、従来の製造工程で発生していた「流れてくる車体の仕様に合わせて必要な部品を選び、歩きながら組み付ける」といった、本来の組み付け作業以外の付帯動作を低減。工程ロスの削減により、生産効率の大幅な向上を実現した。

 加えて、1人の作業者が従来よりも広範囲な工程を担当することで、製造工程に関してより幅広い知識と技能を習得することが可能となり、将来的には開発現場へ生産現場の意見をフィードバックできるような「熟練作業者」を育成する効果も期待できるとしている。

 プラチンブリ工場は約172億バーツを投じて建設され、昨年10月に部品生産を、今年3月に完成車の生産を開始した。フルモデルチェンジした10代目の新型「シビック」を生産している。年産能力は稼働当初が6万台で、将来的に12万台に引き上げる。
《newsclip》

注目ニュース

10代目新型「シビック」 タイで生産販売 北米以外で初newsclip

【タイ】ホンダのタイの四輪車製造販売子会社ホンダオートモービル(タイランド)は11日、乗用車の新型「シビック」を発売した。

【ベトナム】ホンダは10日、二輪車、四輪車を製造販売するベトナム子会社ホンダベトナムが設立20周年を迎えたことを記念して、現地で式典を開き、ベトナム警察に二輪243台を寄贈した。

二輪・汎用製品生産のタイホンダ、設立50年で式典newsclip

【タイ】ホンダのタイ子会社で自動二輪と汎用製品を製造するタイホンダマニュファクチュアリングは8日、設立50年を記念する式典を開催した。



新着PR情報