RSS

中国:ネットカフェで感電死、スマホ充電で

2016年4月22日(金) 13時49分(タイ時間)
【中国】湖北省武漢市のインターネットカフェで、携帯電話の充電をしていた客がコードを抜く際に感電死するという事故が起きた。警察などが詳しい状況を調べている。楚天都市報が20日付で伝えた。

 死亡したのは、市内の縫製工場で働く熊さん(18歳)。15日の午後6時ごろ、友人ら数人とネットカフェに入り、ゲームなどを楽しんでいた。事故が起きたのは午後10時半ごろ。友人らの証言によると、熊さんの入っていたブースから大声が聞こえ、皆が駆けつけると、熊さんが口から泡を吹いて倒れていたという。救急車で病院に搬送され、応急処置が施されたものの、その後死亡が確認された。死因は「感電」によるものだった。

 現場の状況などから事件の可能性は否定されているが、このネットカフェは現在営業を中止。警察と司法当局が事故原因の究明に当たっている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報