RSS

中国:尖閣関連の情報集めた男逮捕、日本人が関与か

2016年4月24日(日) 15時56分(タイ時間)
【中国】中国中央テレビ局のニュース番組「焦点訪談」は20日、外国情報機関に協力し、沖縄県尖閣諸島に関連する情報を収集した男が逮捕されたと報じた。日本人とみられる人物に指示を受けたとされる。

 男は2013年12月、東シナ海を管轄する中国海軍東海艦隊の施設(浙江省寧波市)を写真撮影しているところを警戒中の兵士に見つかり、ほどなく拘束された。寧波市国家安全局が調べたところ、男の携帯電話から軍港や軍事施設の写真が多数見つかった。

 男は2008年に某国に留学後、有名企業に就職した。12年に退職してオンライン中国語教室を起業した際、「寄田」と称するビジネスマンと知り合ったという。13年夏から同年末まで、「寄田」の依頼を受け、寧波市石浦港に停泊中の中国巡視船や付近の軍事施設の写真を撮影し、関連情報を収集。活動費として20万人民元(約340万円)を受け取っていた。

 同ニュース番組は19日にも、極秘扱いの国家機密を漏えいした疑いで元研究機関職員の黄宇被告(41)に死刑判決が言い渡された事件を報じている。国民に対し、外国情報機関に協力しないよう警告したものとみられている。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報