RSS

中国:深センの眼鏡工場で7000人スト、拠点移設に抗議

2016年4月29日(金) 12時55分(タイ時間)
【中国】広東省の香港資本めがね工場で労働者数千人が集団ストライキに入った。現場は広東省深セン市・龍崗中心城の雅駿眼鏡製造廠。従業員の同意を得ない生産拠点の移転計画に反発し、約7000人が27日午前から抗議活動を強めている。複数の中国メディアが伝えた。

 満足のいく解雇補償が得られるまで、職場放棄とデモを続ける方針という。ただ、労使との間で衝突する事態には至っていない。

 同子会社工場は2015年3月にも、労働者約6000人が集団ストを展開した経緯がある。その際は、福利厚生を軽視していると反発。養老保険、失業保険、医療保険などの保険5種と住宅積立金で構成される「五険一金」に加入していない点が労使間の争点となった。

 同社は雅視光学集団(ARTS GROUP)の全額出資。近く深セン市の坪地鎮に生産拠点を移設する計画だ。雅視光学はめがねフレーム、サングラスの世界大手。自社ブランド「STEPPER」「OOPS」の設計・生産に加え、使用ライセンスを取得したブランドによるODM生産も手がける。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報