RSS

タイの酷暑による死者、3月から4月半ばで21人

2016年4月29日(金) 14時58分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省によると、酷暑が原因とみられる死者は3月1日―4月17日で21人に上った。

 死亡した場所は野外13人、自動車の車内2人、寺1人、家5人。年齢は29歳から72歳で、平均51歳だった。

 一方、タイ発電公社(EGAT)によると、28日午後2時23分の電力消費が2万9403・7メガワットに達し、前日に記録した2万9249・4メガワットを上回り、最大電力の過去最高を更新した。猛暑でエアコンの使用が増えた。

 タイ気象局によると、28日の最高気温はバンコクで37・5度、中部ナコンサワン市で43・4度、北部チェンマイ市で41・6度、東北部ナコンラチャシマ市で40・6度だった。
《newsclip》


新着PR情報