RSS

アウトソーシング、マレーシアの給与計算代行会社買収

2016年5月2日(月) 21時36分(タイ時間)
【マレーシア】アウトソーシング(東京都千代田区)は4月28日、給与計算代行を手がけるマレーシア企業シンフォニーHRSの株式60%を約16億4000万円で取得すると発表した。

 これにともない、シンフォニーの日本子会社であるシンフォニーHRSジャパン、インド子会社のシンフォニーHRソルーションズ・インディアが孫会社となる。

 シンフォニーはアジアを中心に19カ国の給与計算に対応。独大手自動車メーカー、大手自動車部品メーカー、米大手投資銀行や大手精密機械メーカーといった企業のアジア拠点の従業員約9万人の給与計算をサポートしている。2015年3月期は売上高2966万リンギ、最終赤字284万リンギ。

 アウトソーシングはアジアを中心に約2万7000人の給与計算代行を展開中。給与計算代行の需要がアジアで拡大すると判断し、シンフォニーの買収を決めた。
《newsclip》

特集



新着PR情報