RSS

林兼産業、マレーシアのハラル食品事業不振で特別損失

2016年5月10日(火) 00時08分(タイ時間)
【マレーシア】林兼産業(山口県下関市)は9日、豚肉やアルコールを含まないなどイスラム法に則って処理されたハラル食品を製造するマレーシアの合弁会社OMAKANEの業績不振を受け、3月期決算に1億3600万円の特別損失を計上すると発表した。

 OMAKANEはマレーシアの食品メーカー、OMCORPと林兼産業の折半出資で2011年に設立された。マレーシアの政府機関からハラル認証を取得し、ソーセージを製造販売しているが、販売が低迷している。林兼産業は同社への貸付金に対して貸倒引当金を計上するとともに、関係会社株式評価損を計上する。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】オタフクソース(広島市)は25日、日本人実業家の小西史彦氏が率いるマレーシアの複合企業テクスケム・リソーシズ傘下の外食事業中間持ち株会社テクスケム・レストラン・システムズとマレーシア...

【マレーシア】カゴメは業務用トマト調味料を生産する合弁会社を10月にマレーシアに設立する。ハラル認証(豚肉やアルコールを含まないなどイスラム法に則って処理された食品に対する認証)対応の強化が狙い。

【マレーシア】林兼産業は12日、マレーシアの食品メーカー、OMCORPと折半出資でマレーシアに合弁会社「OMAKANE」(資本金50万リンギ=約1350万円)を設立し、ハラル認証(豚肉やアルコール...



新着PR情報