RSS

FBコメントで続々逮捕 タイ軍政、反対派弾圧強化

2016年5月11日(水) 01時37分(タイ時間)
【タイ】タイ軍事政権がインターネットを使った政権批判の取り締まりに力を入れている。

 4月27日には、インターネットの交流サイト(SNS)、フェイスブック(FB)に軍政やタイ王室を批判するコメントを書き込んだとして、タイ人男女8人を扇動罪、不敬罪などの容疑で逮捕。5月6日には、王室を批判するメッセージを受け取ったにも関わらず送り手を諭すなどの反応を示さなかったとして、反軍政活動家の男性の母親を不敬罪容疑で拘束した。母親は5月8日、8人は同10日に保釈された。

 相次ぐ逮捕を受け、反軍政派の市民の間では、フェイスブックが個人情報を軍政に渡しているといううわさが広がった。フェイスブックはこうしたうわさを否定している。ただ、フェイスブックは王室を批判する内容が含まれるページのタイ国内での閲覧をブロックしたもようで、こうした内容が含まれるページにアクセスしようとすると、「現地の法律により閲覧できない」という表示が出るようになった。

 タイ軍政は今年8月に憲法案の国民投票を実施し、来年7月に民政移管のための議会下院選を行うとしている。ただ、軍政が作成した憲法案は議会上院を軍政による任命制とし、非議員の首相を認めるなど、軍による間接支配を狙った内容。しかも、憲法案の内容に関する意見表明や議論は事実上禁止され、軍政と対立するタクシン元首相派などが反発を強めている。

 軍政はこうした批判を力で封じ込む構えで、タクシン派の政治家、民主化活動家らを次々に拘束するなど、締め付けを強化している。人権無視という批判には、「法律違反の取り締まりだ」(プラユット首相)と応じ、強硬姿勢を崩していない。
《newsclip》

注目ニュース

タイ軍政、タクシン派元閣僚の身柄拘束 憲法案批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党に所属するワタナー・ムアンスク元商務相(59)が18日、バンコク都内の陸軍基地に出頭し、軍に身柄を拘束された。

【タイ】タイ軍事政権のプラユット・ジャンオーチャー首相(元陸軍司令官)の弟のプリーチャー・ジャンオーチャー国防次官が一般大学を卒業した息子(25)を陸軍士官(中尉)に任用していたことが明らかになり...

水かけ祭りで上半身裸の英男性逮捕 タイ軍政、「不適切な服装」取り締まりnewsclip

【タイ】水をかけ合いタイ正月の新年を祝うソンクランが13―15日、タイ各地で行われた。

タイ軍政首相と枢密院議長、互いにほめ合うnewsclip

【タイ】9日、バンコク都内のタイ空軍施設で、プレム枢密院議長(元首相、元陸軍司令官)、プラユット首相(元陸軍司令官)夫妻、プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官)らが出席し、タイ空軍の創設記念日...

タイ軍政の憲法案、2大政党がそろって反対newsclip

【タイ】タイの2大政党のひとつで反タクシン元首相派の民主党は10日、反タクシン派軍事政権が作成した憲法案に反対を表明した。もうひとつの大政党でタクシン派のプアタイ党はすでに憲法案への反対を明言して...

特集



新着PR情報