RSS

中国:せき止め薬5種からイオウ成分、子ども向け製品も

2016年5月11日(水) 13時12分(タイ時間)
【中国】有名製薬会社4社が製造するせき止め薬5種から、二酸化硫黄が検出されたことが分かった。

 これらのせき止め薬はいずれも、アミガサユリの地下茎を乾燥させた生薬「貝母(ばいも)」が主原料。加工の過程で貝母を硫黄で薫蒸するため、一部が残留していたという。北京晩報が7日伝えた。

 二酸化硫黄が検出されたのは、太極集団重慶中薬二廠公司の「橘紅丸」、通薬製薬集団公司の「潤肺止漱丸」、雲南白薬集団公司の「小児宝泰顆粒」など。子ども用製品も含まれている。

 世界保健機関(WHO)などの基準を参考に中国が定めた基準では、二酸化硫黄の含有基準は「1キロ当たり150ミリグラム以下」となっている。

 業界団体である中国中薬協会の房書亭・会長によると、中国で硫黄による薫蒸が認められているのは「山薬(さんやく)」や「牛膝(ごしつ)」など10種類の生薬に限られ、貝母は対象外となっている。

 中国最大の貝母の集散地、浙江省磐安県の業界関係者によると、同県の取引量のうち半分以上が硫黄で薫蒸されている。硫黄を使うと、加工費用を安く抑えることができるためだ。

 二酸化硫黄は人体に有毒な化学物質で、長期間飲み続けると吐き気、下痢などの症状があらわれる。深刻化すると、肝臓や腎臓を傷める恐れがあるという。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報