RSS

中国:化学原料で偽クラゲ製造、市価の半値で売りさばく

2016年5月11日(水) 13時13分(タイ時間)
【中国】浙江省湖州市の地元警察はこのほど、化学原料を合成した偽物の食用クラゲを製造・販売していたグループを摘発した。本物の約半分の値段で売りさばいていたという。揚子晩報が8日付で伝えた。

 摘発されたのは安徽省出身の3人組。江蘇省常州市の民家を改造した作業場で製造し、湖州市の市場に卸していた。本物の食用クラゲの相場は1斤(500グラム)当たり30~40人民元(約500~700円)だが、この約半分の値段で販売。これまでの1年間で10万人民元以上を売り上げていた。本物と偽物とでは、色や味の有無が違っていたという。

 原料には、アルギン酸ナトリウム、無水塩化カルシウム、硫酸アルミニウムアンモニウムなどが使われていた。これらの物質を人間が長期間摂取すると、骨粗鬆症や貧血などを引き起こす恐れがある。また、神経系にもマイナス影響をもたらし、認知症の発症につながる可能性もあるという。
《亜州IR株式会社》


新着PR情報