RSS

タクシン派幹部が仮釈放、タイ憲法裁長官批判で9カ月服役

2016年5月11日(水) 22時08分(タイ時間)
【タイ】ワサン元タイ憲法裁判所長官に対する名誉棄損で2015年7月から服役していたタクシン元首相派の政党、プアタイ党のプロームポン前報道官とキアットウドム前下院議員が11日、仮釈放でバンコクの刑務所から出所し、家族やプアタイ党幹部らの出迎えを受けた。

 テレビ報道によると、2人は服役中、粗食と運動などで体重が落ち、プロームポン氏は85キロから74キロに減量した。キアットウドム氏は22キロの減量だという。

 プロームポン氏とキアットウドム氏は2010年の記者会見で、当時憲法裁長官だったワサン氏が公正さ、中立性を欠いていると批判した。ワサン氏は2人を名誉棄損で訴え、2015年に最高裁で執行猶予無しの禁錮1年の判決が下った。

 タイの憲法裁、最高裁は2005年から続くタクシン派と反タクシン派の抗争の中で、タクシン派の政党を2度解党し、タクシン派政権による憲法改正の試みを違憲として退けるなど、一貫してタクシン派に不利な判決を下している。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ憲法裁判所が7日、官僚人事をめぐる職権乱用でインラク首相と閣僚9人を失職としたことを受け、政府支持派の市民は9日、タイ各地で憲法裁判事9人の写真を棺に入れて燃やし、判決に抗議した。

タイ憲法裁、2月の議会下院選無効にnewsclip

【タイ】行政組織を監視する独立機関オンブズマンが2月2日のタイ議会下院選を無効だとして訴えた裁判で、タイ憲法裁判所は21日、訴えを認め、下院選を無効とする判決を下した。

上院公選制に違憲判決は不当 タイ与党、憲法裁非難newsclip

【タイ】上院の全議席を公選制に変更する憲法改正案にタイ憲法裁判所が違憲判決を下したことに対し、改憲案を作成したタクシン元首相派与党プアタイは21日、憲法裁が権力を乱用したとして非難する声明を出した。

改憲案に違憲判決 タイ与党、憲法裁と対決姿勢newsclip

【タイ】タイ憲法裁判所は20日、上院の全議席を公選制とする憲法改正案を違憲とする判断を下した。改憲案を国会に提出、可決したタクシン元首相派の政権与党プアタイなど6党の解党は命じなかった。

特集



新着PR情報