RSS

中国:保険薬違法取引でニセ薬流通、連絡にはQQメール活用

2016年5月13日(金) 13時02分(タイ時間)
【中国】中国で最近、保険適用で購入された薬の違法取引が横行している。

 湖北省十堰市では、偽医薬品がこのルートを通じ、一般家庭に流れていたケースも確認されている。澎湃新聞が11日付で伝えた。

 十堰市に住む李さんは街の薬局で、心臓病の持病を持つ父親に心筋梗塞の予防薬を購入した。価格は病院で支払う額より15%ほど安く、毎日飲ませていたという。しかし、薬の効き目がないため当局に持ち込んだところ、薬効成分が全く入っていない偽物であることが分かった。

 李さんが詰め寄ると、薬局の店主は「医薬品の販売免許を持った男から仕入れた」と回答。その男は李さんに対し、インスタントメッセンジャーの「QQ」を使い、「医療機関の上級職」を名乗る2人組から購入したことを白状した。李さんの通報を受けた警察は、2人が医療関係者ではなく、保険適用薬の違法取引に参加していた転売業者であることを突き止めた。警察は現在、さらに2人を追及し、詳しい入手ルートなどを調べている。

 中国では最近、市場価格より安い化粧品も薬局などで売られているが、こうした不正ルートから流れているものも少なくないとされる。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報