RSS

中国:ブランド靴買ってすぐボロボロに、店「履かなければいい」に客唖然

2016年5月16日(月) 14時09分(タイ時間)
【中国】中国湖南省の地方紙・三湘都市報は11日、仏高級ブランド「シャネル」の靴を買った上海女性を襲ったトラブルについて紹介した。

 女性が買った靴はすぐに色落ちし、ロゴマークが外れるなどボロボロの状態になった。店に返品を求めたところ、「履かなければいい」などと言われて唖然。結局、女性はこの店が入るショッピングモールを通じて、改めて店との交渉を申し入れているという。

 報道によると、この女性は世界の高級ブランド店が集まる上海のショッピングモールでシャネルのスウェードのパンプスを5200人民元(約8万7000円)で購入した。しかし、履いてすぐに色落ちがひどいことを発見。また、靴に付いていたシャネルのロゴマークまで外れてしまったことから激怒し、店側に苦情を入れた。

 すると、店はしばらくしてから「同じ商品、また同じ価格の商品との交換に応じる」と言ってきた。女性は他に気に入った靴がなかったため、同じ商品と交換してもらうおうとすると、店側は「同じような不具合があっても保証はできません」と言う。女性が「それならば返品したい」と申し出ると、「シャネルでは返品は受け付けません」との答え。さらに店員は「外で履かず、オフィスに座っているだけなら問題はないはずだ」と言い放った。女性は唖然。らちが明かないと考えて消費者協会に電話をしてみたが、手続きが面倒なため、店が入っているショッピングモールに掛け合い、モールから店に改めて交渉するよう通知してもらった。この騒動の着地点はまだ見えない様子だ。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報