RSS

タイ国王、体調悪化で治療

2016年5月16日(月) 17時22分(タイ時間)
【タイ】タイ宮内庁は14日、バンコクのタイ国立シリラート病院に入院中のプミポン国王(88)が血液の感染、ひざ関節の炎症、肺炎などで、11日から抗生物質の投与、酸素吸入などの治療を受けていると明らかにした。

 プミポン国王は2009年からシリラート病院に長期入院し、2013年8月に退院。2014年10月に再度、同病院に入院し、胆のう炎で胆のうの摘出手術を受けた。同年11月には大腸憩室炎で抗生物質の投与など治療を受けた。2015年5月10日に退院したが、同月31日に再度入院した。同年12月以降、関節炎、肺炎などで度々、治療を受けている。
《newsclip》

特集



新着PR情報