RSS

タイの1―3月成長率3・2%

2016年5月16日(月) 23時48分(タイ時間)
【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた2016年1―3月期のタイの国内総生産(GDP)は前年同期比3・2%増で、過去12四半期で最も高い伸び率となった。前期比(季節調整済み)は0・9%増だった。

 公共投資が前年同期比12・4%増加し、景気を牽引した。民間投資は2・1%増、民間消費は2・3%増だった。輸出は1・4%、輸入は14・4%減少した。外国人旅行者数は15・5%増の900万人、外国人旅行者からの収入は21・7%増の4942億バーツに上った。

 NESDBは1―3月期の数値を受け、2016年通年のGDP見通しを、これまでの前年比2・8―3・8%増から3―3・5%増に修正した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告で、3月の工業生産指数(MPI、速報値)は前年同月1・8%上昇した。

【タイ】1―3月のタイ国内の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同期比8.2%減の18万1560台だった。内訳は乗用車が26.6%減、5万7973台、1トンピックアップトラックが6.9%増、9万9313台など。

【タイ】タイ商務省によると、タイの1―3月の輸出額は前年同期比0・9%増の538・3億ドル、輸入額は12%減、456・4億ドルだった。

【タイ】タイ観光スポーツ省によると、3月にタイに入国した外国人は前年同月比15・4%増の294・9万人だった。

【タイ】タイ中央銀行は5日、2016年のタイの国内総生産(GDP)見通しを昨年12月時点の3・5%増から3・1%増に下方修正したと発表した。

特集



新着PR情報