RSS

自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ

2016年5月17日(火) 22時51分(タイ時間)
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツの画像
自動車整備用輸入工具販売 ASTRO PRODUCTS アストロプロダクツ
近藤 晃 氏 (WORLD TOOL (THAILAND) CO., LTD. Managing Director)
野口 純也 氏 (株式会社ワールドツール営業部次長兼店舗開発課長)

自動車整備用工具に特化した店としてタイ初、1カ所で全てが揃う専門店

専門店がこれまでなかったタイ

――御社概要をお聞かせください

 アストロプロダクツは1995年設立、埼玉県深谷市に本社を構え、代理店を含めて全国150店以上を展開する自動車整備用工具の専門店チェーンです。弊社の特徴は、日本および台湾や中国にて製造委託を行っているプライベートブランド(ブランド名:アストロプロダクツ)の製品を扱っていることにあり、当該ビジネスモデルによって安価で高品質な商品をお客様に提供しております。

 専門店としての20年の経験で培ったノウハウを駆使し、アイデア豊かにカスタマイズ化した製品を販売。取扱い製品数は5000品目に及び、毎年500品目規模で新製品を投入しています。

 もともと、米国との工具ビジネスに携わってきた弊社オーナーが、当地でさまざまなアイデアを凝らした工具を目にし、日本に取り入れたいと思ったのが会社設立のきっかけです。日本人は持ち前の器用さでたいていの工具を上手に使いこなしますが、米国では用途に合わせた、人の手に合わせた、多種多様な工具が揃っているといわれます。

――タイでの開店の経緯は?

 世界的に見て日本車の普及率が高い東南アジア地域で、その中でもモータリゼーションが進んでおり、特に日本車普及率も高いタイで、となりました。もちろんマレーシアやインドネシアといった国でも事業化調査を実施しましたが、自動車カスタマイズといった日本と同じ流行に乗った国としてタイは、第一の候補に挙がりました。弊社初の海外現法であり、今年3月に開店したばかりです。

 事業化調査を通して感じたことは、タイは今まさに日本の20年前の状況です。日本ではこのタイミングで、自動車カスタマイズが流行しました。もちろん整備工場だけではなく、自身の手によるカスタマイズです。弊社もまさにそのニーズに応えた工具店の開店でした。

 その当時の日本が今のタイです。バンコク都内でカーショップ、タイヤやホイルの販売店など、調べれば500カ所以上すぐに見つかります。感覚的に普及のスピードは日本以上で、20年を待たずに5年、10年で今の日本に追いつくと思います。

タイでも「来店し、目にし、手にとってもらう」ための店舗

――どのような人が工具を求めるのでしょうか?

 日本でのお客様は自動車整備工場など専門分野の方が6割、自動車やバイクなどを趣味とする一般の方が4割という割合です。もちろん、自動車メーカーの生産ラインの保全といった現場でも、弊社販売の各種工具を活用していただいております。

 タイでも同様の顧客層となるでしょう。四輪のみならず二輪の人気も急上昇で、専門的な工具を求める人が増えています。バンコクでは、自動車専門店が集中することで知られるナワミン通りに店舗を構えます。開店間もないながらすでに、専門の方や一般の方にご来店いただいているほか、日本車ディーラーさまからもお問い合わせを受けております。

 そもそもタイでは専門工具を探すのが大変です。例えばジャッキならジャッキ、エアコンプレッサーならエアコンプレッサーと、それぞれの専門店をインターネットで探し、実際に歩いて探す、といった労力を伴います。地方はもっと大変で、たいていは専門業者がバンコクに定期的に買い付けに来ています。アストロプロダクツのような専門工具を一手に扱う店舗は、これまで皆無だったわけです。

――輸入製品がほとんどだと思いますが価格の方は?

 まさに価格設定が最重要です。弊社は苦労しつつも、日本とほぼ同様の価格を提示しております。「輸入だから高いだろう」と誰でも想像しますし、そもそもタイの方々には日本でお買い求めいただくことが多く、すでに日本での価格を知られています。「タイでもアストロプロダクツであれば、この品質がこの価格で買える」といった、直販ならではの価格設定をアピールしていかなくてはなりません。

 同時に、「来店し、目にし、手にとってもらう」ということも大事です。日本でも1回の来店が2―3時間というお客様が普通にいらっしゃいます。必要性に応じた品質、それに見合った価格の工具を楽しんで見ていただく、納得して選んでいただく、という場を提供することが大事です。

――タイでの今後の事業展開などは?

 まずはこの第1号店を成功させることです。課題は山積みです。工具には使い方があります。使い方を間違えると良い工具も使いものにはなりません。お客様も相当な知識を持っていらっしゃいますが、販売員はそれ以上に知識を求められます。

 アストロプロダクツの強みは「接客」です。自分たちが取り扱っている工具を好きになる、それをお客様に誠意を持って説明できる人材を、タイでも育成していかなければなりません。

 現在は開店直後ということもあって品揃えは2300品目ほどですが、順次、日本同様の品目数まで増やしていく所存です。電気製品などは、電圧やコンセントの形などタイの規格に合わせていかなければなりませんし、ケミカル系の製品は輸入が難しいものもありますので、現地調達、現地生産になっていく可能性があります。

 今後、接客の中でニーズを体感し、タイで求められる工具を提供していきたいと思っております。

――ありがとうございました

Astro Products Thailand (WORLD TOOL (THAILAND) CO., LTD.)
住所:50/1 Nava Park, Nawamin Rd., Nuanchan, Bungkhum, Bangkok 10230
電話:0-2948-8355 ファクス:0-2948-8356 Eメール:kondo@astro-p.co.jp
ウェブサイト:http://www.astro-p.co.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/astrop.th
《newsclip》

特集



新着PR情報