RSS

損害保険ジャパン日本興亜、ミャンマーの民間保険会社と業務協力覚書

2016年5月22日(日) 21時02分(タイ時間)
【ミャンマー】損害保険ジャパン日本興亜は19日、ミャンマーの民間保険会社AYAミャンマー・インシュアランス(AMI)と業務協力覚書を締結したと発表した。

 損保ジャパン日本興亜は現地の保険販売に関するノウハウを吸収するとともに、AMIとの人材交流や研修、セミナーの開催などを通じ、自社が持つ保険引受や損害査定などのノウハウの共有を図る。

 ミャンマーの民間保険会社が外国の保険会社と業務協力覚書を締結したのは今回が初めて。

 ミャンマーでは長く保険事業が国有化されていたが、2012年に国内資本の企業に限定して民間に開放され、現在までにAMIなど民間保険会社11社が営業を始めた。

 損保ジャパン日本興亜は2015年5月にミャンマーのティラワ経済特区での損害保険の引受(元受)に関する営業認可を取得し、営業活動を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

【ミャンマー】損害保険ジャパン日本興亜はミャンマーのティラワ経済特区での損害保険の引受(元受)に関する営業認可をミャンマー当局から25日に取得した。日本の金融庁にミャンマー支店開設の届け出を行い、...

【ミャンマー】損害保険ジャパン日本興亜と一般財団法人リモート・センシング技術センターはミャンマーの農家を対象にした「天候インデックス保険」(降水量、気温などの天候指標があらかじめ定めた条件を満たし...

特集



新着PR情報