RSS

タイ大学講師2人殺害、同僚の容疑者が包囲され拳銃自殺 生中継に批判

2016年5月23日(月) 18時41分(タイ時間)
【タイ】18日朝、バンコク都内の国立ラチャパット大学プラナコン校の会議室で、同大学の男性講師2人(56、54)が拳銃で胸などを撃たれ死亡した事件で、同僚の講師の男、ワンチャイ容疑者(60)が19日、都内のホテルの駐車場で自分の頭を拳銃で撃ち死亡した。

 警察は19日正午ごろ、駐車場に止めた乗用車の車内にいるワンチャイ容疑者をみつけ、包囲した。容疑者が拳銃を自分の頭に向けるなどしたことから、親族、友人らを通じて投降を呼びかけたが、容疑者は午後6時50分ごろ、拳銃で自分の頭を撃った。容疑者は処遇などをめぐり被害者らに不満を持っていたとみられる。

 ワンチャイ容疑者の包囲の様子は当初から複数のテレビ局が現場から生中継した。タイ軍事政権のプラユット首相、放送通信事業を監督するタイ放送通信委員会(NBTC)などは、テレビ局の今回の中継が倫理違反だとして批判した。
《newsclip》

特集



新着PR情報