RSS

日ラオス航空協定発効

2016年5月23日(月) 23時39分(タイ時間)
【ラオス】日本の外務省は23日、日本とラオスの航空協定が発効したと発表した。

 日ラオス航空協定は日本とラオスの間の定期航空路線の開設・運営の権利を相互に許与し、関税などの免除、輸送力決定の基準、運賃の確定手続き、航空の安全および保安のための措置の確保などを規定するもの。この協定により、日本とラオスの間の安定した定期航空便の運営が可能となる。
《newsclip》

注目ニュース

バニラエアなど8社、世界最大の格安航空連合設立newsclip

【アジア】バニラエアなどアジア太平洋地域の格安航空大手8社は16日、世界最大の格安航空の航空連合「バリューアライアンス」を設立したと発表した。

米ボーイング、タイ格安航空ノックエアのパイロット訓練newsclip

【タイ】米航空機大手ボーイングは15日、タイの格安航空会社ノックエアのパイロットに対し、世界レベルの飛行訓練を行うと発表した。ノックエアに納入するボーイング737―800型機(189席)をバンコクま...

【タイ】旅行検索サイトのスカイスキャナージャパン(東京都千代田区)が2015年の日本発ビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスの航空券の購入平均価格を比較したところ、バンコク行きはビジネスクラス...

【タイ】タイ国際航空は21日、タイ国内外で所有する土地、オフィスビル、社宅など不要な不動産を売りに出すと発表した。

【シンガポール】航空会社の安全性などを評価するウェブサイト「エアラインレイティングス・ドット・コム」が選出した世界で最も安全な航空会社20社のうちの1社にシンガポール航空が選ばれた。

【タイ】米連邦航空局は1日、タイの航空会社の許認可、安全審査などを担当するタイ運輸省民間航空局が国際民間航空機関(ICAO)が定める安全基準に則った監督を実施していないとして、評価を「カテゴリー2...

タイ航空会社の日本への新規就航・増便が差し止めに タイ正月控え観光に打撃newsclip

【タイ】タイ運輸省民間航空局は3月26日、国際民間航空機関(ICAO)がタイを航空機の運航に関し「重大な安全上の懸念(SSC)」がある国に指定し、これを受け、日本の国土交通省がタイから日本への就航、...

特集



新着PR情報