RSS

中国:スクールバス定員超過、飲酒運転並みの罰則適用

2016年5月25日(水) 14時24分(タイ時間)
【中国】北京市のある小学校のスクールバス運転手が定員を大幅に超える児童を乗せたとして、1カ月の拘留刑と1000人民元(約1万7000円)の罰金を言い渡された。

 先ごろの刑法改正で、この行為は飲酒運転などと並ぶ「危険運転行為」に指定されている。北京晨報が23日付で伝えた。

 拘留刑を言い渡されたのは、房山区の小学校でスクールバス運転手として働く60歳代の男。定員24名のバスに39人の児童を乗せて走行しているところを検挙された。1つの座席に2人が座る、1人が別の1人をひざの上に抱えるといった状況だったという。

 男は警察の取り調べに対し、「せいぜい減点ぐらいの処分と思っていた。こんなに刑が重いとは思わなかった」と供述している。裁判所の判決には意義を唱えなかった。

 中国では先ごろ刑法が改正され、スクールバスの定員オーバーは、悪質な追い抜き運転や飲酒運転と同様に、拘留刑と罰金刑が科されることになった。
《亜州IR株式会社》

特集



新着PR情報