RSS

バンコク高架電車BTS、シーメンスなどから184両購入

2016年5月25日(水) 15時57分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、BTSC
 の画像
 
写真提供、シーメンス
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
 の画像
 
写真提供、バンコク都庁
【タイ】バンコクの高架電車BTSを運営するバンコク・マス・トランジット・システム(BTSC)は23日、独シーメンスと中国中車グループの長春軌道客車から車両184両と関連設備を109億バーツで購入すると発表した。

 今後開通する延伸区間などに4両編成で投入する。

 シーメンスから88両、長春軌道客車から96両を購入する。納車は2018―2020年。

 BTSはタイ初の都市鉄道で、BOT(建設、運営、移管)方式で開発された。1999年末にスクムビット線とシーロム線の2路線(総延長23キロ)が開業。その後、延伸し、現在は総延長36・3キロ、34駅。
《newsclip》

注目ニュース

バンコク首都圏の新高架鉄道、8月に正式開業 問題は最後の1キロnewsclip

【タイ】バンコク北部のバンスーと北西郊外のノンタブリ県バンヤイを結ぶ高架鉄道パープルラインの試験走行が10日、関係者を招き行われた。6、7月に一般の乗客を乗せて試験走行を行い、8月6日に正式に開業...

バンコクの都市鉄道レッドライン 三菱重工、日立、住商が受注newsclip

【タイ】住友商事は30日、三菱重工業、日立製作所と共同で、バンコクの都市鉄道レッドラインの鉄道システム一式の設計建設(土建を除く)をタイ国鉄(SRT)から受注したと発表した。

タイ中共同のタイ鉄道計画、タイ側全額出資に 前途に暗雲newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は23日、第1回メコン川瀾滄江協力首脳会議出席のため訪問した中国海南省三亜で中国の李克強首相と会談した後、記者会見し、タイと中国がタイ国内で共同開発する予定の鉄...

特集



新着PR情報