RSS

対タイ外国直接投資申請 1―3月11倍増、511億バーツ

2016年5月25日(水) 23時53分(タイ時間)
【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1―3月に受理した外国直接投資案件の恩典申請は199件(2015年同期71件)、投資予定額は510・8億バーツ(同46・1億バーツ)だった。

 このうち新規事業は131件、投資予定額148・1億バーツ、事業拡張は68件、362・7億バーツ。

 業種別の投資予定額は「農業、アグロインダストリー」28・8億バーツ、「鉱業、セラミック、基礎金属」16億バーツ、「軽工業」44・1億バーツ、「金属製品、機械、輸送機器」171・6億バーツ、「電気・電子製品」76・6億バーツ、「化学、プラスチック、紙」67・8億バーツ、「サービス、インフラ」106億バーツ。

 国・地域別で投資予定額が最も多かったのは日本で155・9億バーツ(64件)。以下、オランダ69億バーツ(11件)、中国56・7億バーツ(21件)、韓国42・8億バーツ(9件)、シンガポール27・5億バーツ(21件)、香港18・5億バーツ(6件)。
《newsclip》

注目ニュース

対タイ外国直接投資、今年も苦戦かnewsclip

【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1、2月に受理した投資恩典の申請件数は187件、投資予定額は前年同期比96%増の324・4億バーツだった。このうち外国直接投資は120件、投資予定額125億バーツ...

【タイ】タイ投資委員会(BOI)が2015年に受理した外国直接投資案件の恩典申請は559件(2014年1573件)、投資予定額は1065・4億バーツ(同1兆230億バーツ)で、前年比で件数は約3分...

特集



新着PR情報