RSS

中電など ミャンマーの配電系統技術能力向上支援

2016年5月29日(日) 22時31分(タイ時間)
【ミャンマー】中部電力は27日、日本工営と共同で、国際協力機構(JICA)から「ミャンマーの送配電系統技術能力向上プロジェクト(第1フェーズ)」業務を受託したと発表した。

 今年5月から2018年11月にかけ、▼送配電技術者育成計画の策定支援▼送配電系統技術研修プログラムおよびテキスト作成支援▼送配電系統に関する技術の移転――などを行う。

 ミャンマーでは送配電設備の容量不足や老朽化により故障が多発するなど電力供給が不安定な状況にあり、送配電設備の整備増強が急務。公衆感電事故や作業災害を防ぐため、送配電分野における施工技術、安全技術の向上も求められている。
《newsclip》


新着PR情報