RSS

王子と丸紅、マレーシア最大の感熱紙・ノーカーボン紙加工印刷会社買収

2016年5月29日(日) 22時31分(タイ時間)
【マレーシア】丸紅と王子ホールディングスは27日、マレーシア最大の感熱紙・ノーカーボン紙の加工印刷会社テレペーパーを共同で買収すると発表した。テレペーパー株の40%を王子が、36%を丸紅が取得する。

 王子グループはタイに感熱紙、ノーカーボン紙を生産する子会社オウジペーパー(タイランド)があり、マレーシアで加工印刷会社を買収することで、事業領域を拡大する。

 テレペーパーは感熱紙加工製品の製造販売でマレーシア市場シェア1位。東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心に輸出にも積極的で、2015年の売上高は約53億円だった。従業員約590人。

 テレペーパーの主力商品である感熱紙加工製品はレジスター、ATM(現金自動預払機)、医療、航空券や荷物タグなどに使用され、ASEANで需要が拡大している。
《newsclip》

注目ニュース

【マレーシア】王子ホールディングスは26日、マレーシアの段ボールメーカー、ダズン・ペーパー・インダストリアル・カンパニーを買収すると発表した。

【マレーシア】王子ホールディングスは25日、ラベル印刷製品や紙器、パンフレットなどの印刷・加工製品を製造販売するマレーシア企業ハイパーリージョンラベルズとその関連会社の株式60%を取得すると発表し...

特集



新着PR情報