RSS

バンコク郊外で外国人不法就労者一斉取り締まり 38人逮捕

2016年6月1日(水) 15時50分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
 の画像
 
写真提供、ノンタブリ県庁
【タイ】タイ当局は1日未明、警官、兵士ら約200人を動員し、バンコク北郊ノンタブリ県のバンヤイ市場で外国人不法就労者の一斉取り締まりを行った。

 ミャンマー、カンボジア、ラオスなどからの外国人労働者233人に対し、職務質問と所持品検査、尿検査を行い、労働許可証を所持していなかった36人と麻薬の陽性反応が出た2人を逮捕した。

 周辺住民から、外国人不法就労者が多数働いているという通報があった。市場で働いていた外国人労働者の一部は警官、兵士が近づくのをみて逃げようとしたが、市場は包囲されていて、取り押さえられた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ中部ナコンパトム県の養豚・養鶏場で、ラオス人の男女13人が鍵のかかった檻に押し込められ、無給で長時間労働を強いられていたことが明らかになり、タイ当局が捜査を進めている。

近隣国からの不法就労者に労働許可発行 タイ水産業拠点に登録センターnewsclip

【タイ】タイ軍事政権は6月30日、ミャンマー、カンボジア、ラオスからの不法就労者に労働許可証を発行する外国人労働者登録センターを、漁業、水産物加工の拠点である中部サムットサコン県に開設した。

人身売買、奴隷労働 英紙のタイ漁業報道が波紋newsclip

【タイ】英紙ガーディアンが今月10日、タイの漁船に売られたミャンマー人、カンボジア人らが奴隷労働を強いられていると報じ、関与を指摘されたタイの食品大手が釈明に追われた。

【タイ】タイの軍事政権が近隣国からの不法就労者を取り締まるといううわさが流れ、11日から16日にかけ、タイで働くカンボジア人労十数万人が帰国した。

【タイ】タイ警察は7月28日、パタヤ市内の娯楽施設、飲食店などの一斉手入れを行い、法定営業時間外の営業、無許可の酒販売などを取り締まった。また、ロシア人経営のゴーゴーバーで、ダンサーのロシア人女1...



新着PR情報