RSS

06年タイ下院選で不正見逃し 元選挙委2人、禁錮2年で即収監

2016年6月6日(月) 00時23分(タイ時間)
【タイ】2006年4月の議会下院選でタクシン元首相派政党の選挙違反を意図的に見逃したとして、当時の選挙委員会のワサナー委員長(67)とパリンヤー委員(68)が選挙法違反などに問われた裁判で、タイ最高裁判所は3日、被告2人に禁錮2年の実刑判決を言い渡した。

 執行猶予はつかず、2人はそのまま収監された。

 2006年の下院選は、バンコクでの大規模な街頭デモで窮地に追い込まれた当時のタクシン首相が事態収拾のため、解散総選挙に打って出たもの。しかし、ライバル政党の民主党などが選挙をボイコットしたことから、タクシン派政党は憲法規定に対応するため、零細政党に働きかけ、一部の選挙区で対立候補を立てさせた。ワサナー元委員長とパリンヤー元委員はこの工作を知りながら捜査を遅らせたとして、民主党のステープ元幹事長に訴えられた。

 下院選ではタクシン派政党が圧勝したが、プミポン国王が非民主的な選挙だと異例の批判を行い、その後、投票箱の位置という技術的な問題を理由に憲法裁判所が選挙の無効を宣言。同年9月に軍事クーデターが起き、タクシン政権は崩壊した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】ワサン元タイ憲法裁判所長官に対する名誉棄損で2015年7月から服役していたタクシン元首相派の政党、プアタイ党のプロームポン前報道官とキアットウドム前下院議員が11日、仮釈放でバンコクの刑務...

タイ軍政、タクシン派元閣僚の身柄拘束 憲法案批判でnewsclip

【タイ】タクシン元首相派の政党、プアタイ党に所属するワタナー・ムアンスク元商務相(59)が18日、バンコク都内の陸軍基地に出頭し、軍に身柄を拘束された。

タイ軍政の憲法案、2大政党がそろって反対newsclip

【タイ】タイの2大政党のひとつで反タクシン元首相派の民主党は10日、反タクシン派軍事政権が作成した憲法案に反対を表明した。もうひとつの大政党でタクシン派のプアタイ党はすでに憲法案への反対を明言して...

タイ軍政首相と枢密院議長、互いにほめ合うnewsclip

【タイ】9日、バンコク都内のタイ空軍施設で、プレム枢密院議長(元首相、元陸軍司令官)、プラユット首相(元陸軍司令官)夫妻、プラウィット副首相兼国防相(元陸軍司令官)らが出席し、タイ空軍の創設記念日...



新着PR情報