RSS

ナナ、ラープラーオなど バンコクでパブ、クラブ手入れ

2016年6月7日(火) 16時19分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ当局は6日夜、バンコク都内の風俗街ソイナナのクラブ「Gターミナル・ラウンジ・クラブ」を捜索し、店内にいた20―41歳のミャンマー人の女5人、男4人を不法就労容疑で逮捕した。

 翌7日未明には、警官、兵士50人以上を動員し、都内ラープラーオ区のパブ「NOXSバンコク」を捜索し、店内にいた客、店員ら115人の身分証明証を確認するとともに、尿検査を実施した。店内に未成年者はおらず、麻薬の陽性反応も出なかったが、営業許可にないサービスの提供や騒音を理由に5年間の営業停止処分を下した。
《newsclip》

注目ニュース

バンコクで違法営業のパブ摘発、110人から麻薬陽性反応newsclip

【タイ】タイ軍事政権がバンコク都内で賭場、パブの取り締まりを強化している。賭場やパブは手入れを避けるため、警察に賄賂を払っているケースがあるとされ、今回の取り締まりは所轄の警察署を外す形で行われた。

無許可営業の宿泊施設24カ所摘発 バンコクで一斉手入れnewsclip

【タイ】タイ警察は3月31日、4月13―15日の水かけ祭り(タイ正月、ソンクラン)を前に、バンコク都内の25カ所で宿泊施設の一斉手入れを行い、無許可で営業していたゲストハウス、ホテル24軒を摘発した。

無許可深夜営業のパブを手入れ 7人逮捕 バンコク・トンロー通りnewsclip

【タイ】タイ警察は4日未明、バンコク都内トンロー通りのビル「リバティプラザ」内のパブを捜索し、無許可営業などの容疑でタイ人の男2人(49、45)を逮捕した。

特集



新着PR情報